本当に難しいのは2通目以降のメール

最終更新

出会い系サイトでのメールの書き方については、いろいろな情報サイトで言及されています。その中でも一番大切なのはファーストメール、つまり女性に最初に送るメールがすべてを左右するという趣旨で論じられることが多いですが、それは必ずしも正確とは言えません。

むしろ、2通目以降のメールをどのように書くか、どのように会話を展開していくかということの方がよほど難しいです。

ファーストメールで書くべきことは決まっているので難しくない

女性に対して送る最初のメールについては、書くべき内容がある程度限られています。ファーストメールは、相手女性との会話のとっかかりですから、当然自己紹介や出会いの目的、相手に対する質問などに話題が集中します。これは特に考えることもなく思いつく内容なので決して難しくはないはずです。

ところが、なぜか様々出会い系情報サイトでは、このファーストメールを書くということが殊の外難しいもののように表現されています。これは出会い系サイトの利用者を混乱に陥らせるだけであり我々としては好ましいものではないと評価しています。

出会い系であれ、なんであれ初対面の人との会話の作法は誰もが言われなくてもすでに身につけている社会的な常識なのでメールにおいても難しいということはありません。

セカンドメール以降のメールの内容について

それに対し、セカンドメール以降のメールの書き方はファーストメールに比べ難しいという面があります。書くべきことが大方限られているファーストメールと違って、会話の内容の幅は無制限に大きく広がるためです。そこでどのような展開に持ち込むかでメールをする回数や出会える可能性も大きく影響を受けることになります。

2通目以降のメール交換については、出会うまでのプロセスを具体的にイメージしながら戦略的に進めて行かないとスムーズに出会うことが難しくなるんです。

出会うための戦略的なアプローチには主に次のような2つの方法があります。

  • メアド交換に持ち込むパターン
  • 親密度を高める会話を続けるパターン

メアド交換に持ち込むパターン

最もイメージしやすいのはメールアドレスや電話番号の交換に話を展開させる方法ではないでしょうか?

連絡先を交換さえすれば、実際に出会える可能性が格段に高まりますし、そのことによって直アドメールでじっくり腰を据えた会話をすることができるようになります。こう表現すると、別にサイト内のメールでも変わらないのではないか?と考える人もいるでしょう。何が違うのかと言うと、心理的な余裕の有無です。サイト内でメールを続けるというのは、いつ切られるかわからないリスクを抱えながらメールをするということです。そんな状況下では落ち着いたやり取りをするのは難しいですし、そのような状態でメールをしていても心理的な距離を縮められるような上手な会話はできないことの方が多いです。

特に、それまで知らなかった人とのメールを続けていく中では、ありきたりな内容になってしまうこともあるでしょう。しかし、サイト内のメールではそんなありきたりな内容でメールしていてもすぐ他の男性に切り替えられてしまう可能性があるんです。

そうしたことを避ける意味でも2通目、3通目のメール交換時にメールアドレスなどの連絡先を交換する方向で話を進めることが有効になるんです。

親密度を高める会話を続けるパターン

反対に、サイト内でメールを続けるという選択をするパターンもあります。
先ほど、サイト内のメールでは相手の女性にいつ切られるか分からないと紹介しましたが、唯一例外があります。それは、2人の新密度が高まるような会話を展開するというパターンです。

ありきたりな内容とはまったく違う、たとえばお互いの共通する趣味に関する話題や、相手の女性が望むようなデートプランについて質問したりこちらから提案したりするような内容のメールの場合は、切られるリスクが低く、むしろ親密度が増すことになるんです。

もし、2通目、3通目のメールでメアド交換の方向に話を展開せずにサイト内でのメール交換をするということを選択する場合は、このように2人の距離が縮まるような会話をするよう心がけることが重要です。

相手の女性がメアド交換に持ち込めるかどうかを正しく評価し、もし無理そうであれば、この方法を選択するようにしてください。