結局のところ出会い系で安全なサイトはないのか?

最終更新

随分更新が止まってしまいましたが、3週間ぶりに投稿させていただきます。このサイトは基本的にわたくし個人の気分の問題で毎週月曜日に更新することを旨としていますが、先週・先々週と連休により月曜日が祝日となっていましたので自動的に更新をお休みしていたわけでありました。

さて、今日のブログのテーマですが、先日こんな質問を読者の方からいただきました。

「結局のところ、出会い系で安全なサイトはないの?」

今日はこの質問へのお答えとしまして解説をさせていただきます。


はじめに、出会い系の中には、たとえば無料でポイント制もなく登録できるサイトもあるわけですが、そういったサイトの場合はそもそも出会えないようになっているので使う価値がありませんし、安全かどうかを議論する余地もなく100%危険としか評価しようがないわけです。

それらの使う価値のないゴミサイトを除いた上での話として読んでいただければ幸いです。


完全に安全な出会い系サイトは存在しない

まず、はじめにお断りしておかなければいけないのは、出会い系サイトの中で完全に安全なサイトというのは存在しないということであります。完全にというのは、部分的に安全であるサイトは存在するということを暗に意味しますが、それについては次の項目譲るとしまして、“完全に”の意味を解説いたします。

完全にというのを、仮に利用者の側である我々が何も気にせず、手当たり次第にメールを送っても騙されたりすることなく運が良ければ出会えるという意味だと仮定しますと、そんな出会い系サイトはまったくない、ということであります。

“比較的安全”なサイトであれば存在する

というのも、このサイトのランキング中で紹介しているような安全な出会い系サイトについても、手当たり次第にメールを送っていれば高確率でキャッシュバッカーや風俗業者に騙されることになってしまうためです。つまり、サイトを完全に信用しきって使っているとポイントが無駄になる危険性が非常に高いわけでして、完全に安全とはとても言えない状況なのであります。

そうした事情もあって、安全な出会い系を選ぶのが難しいというわけですが、だからといって出会い系サイトはどれもかしこもまったく使う価値がないかというとそういうわけではないんですね。

結局、自分自身が気をつけることが安全性を大きく左右する

要は、出会い系には完全に安全と言えるサイトはないということを予めしっておけば、使い方次第で十分安全に遊ぶことができるということなんです。キャッシュバッカーに騙されるリスクがあるんであれば、それについての知識を充実させておけばいいわけで、それもそんなに難しいことではないので比較的簡単にかわすことができるようになるものです。それは、風俗営業みたいな輩にも言えることです。

つまり、結局出会い系サイトが安全かどうかを評価する上で重要なのは、“比較的”安全な出会える出会い系サイトを使うことを前提として、こちら側がいかに警戒を怠らずに注意深く利用するかどうかに左右される部分が非常に大きいということになります。

ただ、個人的には多少キャッシュバッカーに騙されようが、風俗営業に釣られようが、サクラ詐欺サイトなどのようにメアドが流出したりスパムが増えたりするわけでもですし、多少のポイント代の無駄ぐらい屁でもないと思っているわけですが、まあ気にされる方はそれらのことに注意しながら使えば、より安全に出会うことができるようになると思います。