メアド交換した人とはほぼ確実に会える

最終更新

出会い系サイトで女性と出会うのは決して簡単なことではありません。会えると思って待ち合わせ場所に行ったところ約束をすっぽかされるというような経験をしたことがある人もいることでしょう。ただ、出会い系での出会いとひとつ言えるのは、メアド交換した人とはほぼ確実に会えるということです。

メアド交換できることの意味

出会い系サイトでメールアドレスの交換がうまくいくということは、次の2つの意味を有しています。

  • 相手の女性が業者などではなく普通の女性である
  • 会う意思があるということ

相手の女性が業者などではなく普通の女性である

ひとつは、メアド交換した相手の女性が業者などではなく、普通に会うことができる女性であるということです。サクラがいない出会い系サイトには、普通の女性の他にもキャッシュバッカーと言われる出会い目的でない女性や、男性を客としてつかまえるために営業をかける女性、サクラ出会い系へと誘導しようとする業者などが非常にたくさん登録していますが、それらのユーザーは男性と会うことを目的としていないので当然ながらメールアドレスの交換をすることができません。

このことから逆説的に言うと、メアド交換できる女性は出会える女性ということになります。

会う意思があるということ

そしてまた、会うことができるというだけでなく、会う意思もあるということが表れているということも言えます。

出会い系サイトの女性利用者には、普通の人であったとしても、いざ男性と会うとか待ち合わせする、メアド交換する段になると急に不安を抱き躊躇する女性もいますが、メアド交換できるということは、ある意味自分のテリトリー内に相手を引き入れるということを意味しますので会うことに対するモチベーションがそれなりに高まっていると考えることができるのです。

つまり、出会い系サイトで女性と会えるかどうかは、言い換えればメールアドレスの交換ができるかどうかにかかっているということなのです。出会い系を使う場合は、このことを意識しておかないといけません。メアド交換しないままに待ち合わせの約束をしてもキャッシュバッカーに騙されるリスクをいたずらに高めてしまうだけなので、必ず会う前にメアドの交換をしておくということが大切です。

そして、メールアドレスの交換が事前にきちんとできれば、会えると判断して会う約束をすれば問題なく女性と出会うことができます。

例外:悪質なサクラサイトにおけるケース

最後に、上の解説に当てはまらないケースについて触れておきます。それは、サクラ出会い系サイトにおけるケースです。悪質なサクラ行為を行っている悪徳サイトにおいては、専用の携帯を所有して男性利用者に自分が一般の女性であると思わせるために直アドを教えるサクラも少なくありません。サクラかどうかの判別がメアド交換できるかどうかでなされることを逆手に取る手口です。男性を信用させるために直アドまで使うサクラもいるので、利用している出会い系サイトがサクラサイトである場合は、メアド交換できたからといって必ずしも会える言えるわけではないことを理解しておいてください。

メアド交換できた女性とは確実に会えると考えてもいいのは、あくまでサクラがいない優良サイトを利用しているケースに限られます。